ドッグフードの選び方

ドッグフードには年齢別に合わせた種類に他に、形の違うものがいくつか存在します。よく目にする種類がドライと言われる固い粒の形をしたものがそれにあたります。水分は10%以下に抑えられて、熱を加えた処理が施されています。安く手に入る製品がこれです。水分がもう少し多い種類はセミドライと呼ばれ、25%から30%です。常温で長く保存するには向きません。カビが発生してしまいますので、保存できる期間が短いのです。これよりも水分を多く含むものもあります。ウェットといい、水分は75%と非常に高いです。しかし、カビの発生も保存期間も心配はいりません。これらは缶詰に収まり殺菌を施されています。

賞味期限も長く、保存に適した種類を選ぶならばこれが適しています。しかし、ドライタイプを除いてみると、水分量が目につきます。水の摂取が十分ではないのです。環境を整えて水が自由に飲めよう摂取を促しても、犬は水を飲みたがりません。散歩に出たときに排泄を許されているのであれば、それを促す行為は控えるからです。

また水を好まない性質の子も中にはいます。このような犬たちドライフードを与えていれば、お腹はドッグフードで満たされ、さらに水は飲まなくなります。ですから、必要な摂取量を補うため、ドッグフードに水分が多く含まれているわけです。老犬の年齢を迎えますと、食事の量は減りますから必要量を補うためにドッグフードには多くの水分が含まれた種類が多く販売されているのです。