犬の健康を考えたドッグフード

長く健康に生きてもらえるためのドッグフードが健康なドッグフードといえます。まず飼い主は年齢に合わせた製品を選びます。子犬には成犬の体に近づくため多くのタンパク質を必要とします、体のいたるところをつくる栄養素は成犬よりも摂取する量が多いのです。脂質も必要です。この二つを含んだ製品が離乳期から一歳までの幼年期に適しています。

一歳を過ぎて七歳まではこれまでの食事を変えなくてはなりません。これまでと同じ食事を与えていては、肥満体になってしまいます。成犬期であるこの時期の犬には栄養素のタンパク質、脂質、ビタミン、ミネラル、炭水化物をまんべんなく体へ取り込むことが必要です。もちろん、水もよく取れるように環境を整えることも大切です。

また、幼年期から成犬期へはドッグフードを少しずつ変えてあげてください。幼年期の餌に成犬期の餌を混ぜて慣れさせると、移り変わりに戸惑うこともありません。成犬を経て次が老犬の食事に切り替わります。食べる量も若いころより減りますし、消化の働きが弱まりますので、胃腸の負担が少ない製品を選んであげます。代謝も減りますから、低脂肪のものを選ぶとよいでしょう。運動量が少なくなるので、筋肉の量が減っていきます。ですから、タンパク質は少しの量で良質なものを選びます。健康な食事とは、年齢や環境とともに変わっていくのです。