ドッグフードの選び方

ドッグフードには年齢別に合わせた種類に他に、形の違うものがいくつか存在します。よく目にする種類がドライと言われる固い粒の形をしたものがそれにあたります。水分は10%以下に抑えられて、熱を加えた処理が施されています。安く手に入る製品がこれです。水分がもう少し多い種類はセミドライと呼ばれ、25%から30%です。常温で長く保存するには向きません。カビが発生してしまいますので、保存できる期間が短いのです。これよりも水分を多く含むものもあります。ウェットといい、水分は75%と非常に高いです。しかし、カビの発生も保存期間も心配はいりません。これらは缶詰に収まり殺菌を施されています。

賞味期限も長く、保存に適した種類を選ぶならばこれが適しています。しかし、ドライタイプを除いてみると、水分量が目につきます。水の摂取が十分ではないのです。環境を整えて水が自由に飲めよう摂取を促しても、犬は水を飲みたがりません。散歩に出たときに排泄を許されているのであれば、それを促す行為は控えるからです。

また水を好まない性質の子も中にはいます。このような犬たちドライフードを与えていれば、お腹はドッグフードで満たされ、さらに水は飲まなくなります。ですから、必要な摂取量を補うため、ドッグフードに水分が多く含まれているわけです。老犬の年齢を迎えますと、食事の量は減りますから必要量を補うためにドッグフードには多くの水分が含まれた種類が多く販売されているのです。

犬の健康を考えたドッグフード

長く健康に生きてもらえるためのドッグフードが健康なドッグフードといえます。まず飼い主は年齢に合わせた製品を選びます。子犬には成犬の体に近づくため多くのタンパク質を必要とします、体のいたるところをつくる栄養素は成犬よりも摂取する量が多いのです。脂質も必要です。この二つを含んだ製品が離乳期から一歳までの幼年期に適しています。

一歳を過ぎて七歳まではこれまでの食事を変えなくてはなりません。これまでと同じ食事を与えていては、肥満体になってしまいます。成犬期であるこの時期の犬には栄養素のタンパク質、脂質、ビタミン、ミネラル、炭水化物をまんべんなく体へ取り込むことが必要です。もちろん、水もよく取れるように環境を整えることも大切です。

また、幼年期から成犬期へはドッグフードを少しずつ変えてあげてください。幼年期の餌に成犬期の餌を混ぜて慣れさせると、移り変わりに戸惑うこともありません。成犬を経て次が老犬の食事に切り替わります。食べる量も若いころより減りますし、消化の働きが弱まりますので、胃腸の負担が少ない製品を選んであげます。代謝も減りますから、低脂肪のものを選ぶとよいでしょう。運動量が少なくなるので、筋肉の量が減っていきます。ですから、タンパク質は少しの量で良質なものを選びます。健康な食事とは、年齢や環境とともに変わっていくのです。

ヒューマングレードとは

人が食べるものから作られた製品を意味します。正確には原材料が同じであることです。ペットが口にする製品には人が食べない動物の部位、例えば4dと呼ばれるdead(死んだd)、dying(死にかけている)、diseased(病気の)、disabled(怪我をした)の肉が使われているものも中には存在します。ペットフード安全法にも原材料は製品に記すように規則を定めていますが、製品に表示されている文字から粗悪な原材料とヒューマングレードとを見分けることは難しいです。

食品表示は多く含まれる原材料を最初に記すため粗悪なものを細かく分けて、手に取る飼い主をごまかし、製品を買わせようと製造者は知恵を働かせます。誰でも安く仕入れた原材料で高く売りたいものです。しかし、ヒューマングレードと呼ばれる製品には記される原料が少ないことでそのほかとを見分けられます。

添加物や製品の消費期限を延ばすための保存料も、あまり多くの文字を並べてしまうと、それだけ多くの色々な薬を使っていますと書いていることなので、選ぶならば原材料に書かれた文字が少ない製品を選ぶと粗悪な原材料を避けられます。当然、そのような製品は安く大量に売られていますので、はじめから選択肢より外して選ばれると確実にヒューマングレードを手にすることに近づきます。

また、外国の製品は基準を定めた機関が原材料や製品に表示する用語を取り決めてまとめています。それらの基準を超えていれば、満たしていることが製品に書かれていますので、こちらも目で確かめることができます。ヒューマングレードは犬にとって健康であるために大切なことだと理解できれば、買い求めるときに迷わずに済みます。

ヒューマングレードのドッグフード

ドッグフードの中でも特に犬のために作られたドッグフードがあります。ヒューマングレードと呼ばれて、人が口に運ぶ食材を元に作られた製品で、高価なドッグフードとして販売されています。ヒューマングレードとは人が食べられるものという意味で、ペットのために工場で加工されたペットフードのみに使われる食材ではなく、人が食べるものを使用し、高い品質の製品にこの言葉が使われます。

とはいえ、ヒューマングレードの確かな規定は日本には存在せず、外国では規定を設けてはいますが、食用に値する食材を使って作られたペット用の製品であり、人が食べても害はありませんとは言ってはいないのです。それはつまり、人が食べるものをペットが食べているということを意味していおり、犬と人では種類が違います。同じ人間でも食べる物によっては、アレルギーなど体が拒否をおこす場合がありますから、犬と人の違いでそのような症状が引き起こされても不思議はないでしょう。

しかし、犬たちが粗悪な原材料を含む食べ物を口にしたり、飼い主が安くて量が多いからと製品を購入する場合を考えれば、どちらがペットの健康をより考えて接しているかは一目瞭然です。添加物の量や原材料の記載はペットフード安全法により義務付けられ、定められた項目を満たした製品が世に出回ります。輸入品もまた同様に検査を行い、その基準を満たした製品が販売店に並びます。

どれを選んだらいいのかと迷う方も多いと思います。ペットが口にする製品はとても種類が多いのです。私たちの食べるものがそうであるように、犬にも種類がありますから、犬種に合わせて値段が高いものから低いものまでさまざまです。そこで、選ぶ基準はなにかと問われますと、ヒューマングレードと呼ばれる製品に目が行くは当然なのです。

関連サイト→→Mog Wan
ヒューマングレードのドッグフードを販売しているサイトです。